スポンサードリンク


2012年05月16日

「寝過ぎで頭が痛い」どうして?

時々、「寝過ぎで頭が痛い」なんて話を聞きますよね。

そういう経験をした人も結構いるようですが、
では、何故、寝過ぎると頭痛が起きると思いますか、調べてみました。

実は、寝過ぎたら頭痛が必ず起きるのかというと決してそんな事はなくて、
どんなに寝過ぎても全く頭痛など起きたことがないって人も案外多いのです。

むしろ、「寝過ぎると頭が痛くなるよ」って、
「お腹を出して寝るとカミナリ様におへそを取られるよ」ってのと似たような
感じで使われてきたのかもしれません。

しかし、実際に頭痛が起きる人もいるのは事実です。



その原因ははっきり解明できているわけではなく、諸説あるようです。

一つは寝ている間に血行が悪くなり、肩こりなどが原因で起きる頭痛

もう一つは、寝ている時間が長いと血管が拡張される状態が続くため、
その刺激によって起きる偏頭痛。肩こりや虫歯が頭痛の原因に
なることは知られていますが、起きた時に肩こりなどがあるようでしたら、
肩こりを治す対処をすることで頭痛も治まるかもしれません。



また、血管拡張による偏頭痛の場合には、
血管収縮作用のあるカフェインを摂取したり、
首筋の太い血管を冷やすことで血液が冷やされ
血管を収縮させるという事もできます。

コーヒーやお茶を飲みながら、頭や首筋を冷やしても
治まらないようであれば、頭痛薬を使ったほうが良いでしょう。

あまりに頻繁に起きるようなら、何らかの病気が
原因の場合もありますから、一度診察を受けることをお勧めします。

寝て起きたら頭痛がするのは本当に嫌ですね。

いつもそのようになる方は心配だと思いますので、

原因を探して病院へ行ってください。



【頭痛の原因の最新記事】
posted by 頭痛の原因と症状 at 08:10| 頭痛の原因